« おかえり、ブルゴーニュへ | トップページ | シャイニー・シュリンプス! »

2022年1月18日 (火)

永遠のジャンゴ

現在のフランス映画界で最も好きな俳優の一人、レダ・カテブ主演の作品です。

この映画で聞くまで、ジャンゴ・ラインハルトという人のことは全く知りませんでした。戦前から戦後のパリでジャズやブルースなんて、ずいぶん新しい音楽だったろうと思ったら、ヨーロッパ初のジャズミュージシャンと考えられているらしいです。

でも、この時代の例に漏れず、ナチス支配下のフランスで苦労を重ねたんですね。彼に限らず、時代に翻弄された音楽家・芸術家は多かったのでしょうが、ジプシー出身の彼は自由人で、束縛されるのを人一倍嫌ったでしょうし。

後半は、他の映画でも描かれているアルプス越え(「ベル&セバスチャン」とか「少女ファニーと運命の旅」とか)による脱出でしたが、本当にあんな風に逃れたのでしょうか。この辺りは創作が入っているような気がしなくもありません。

ともあれ、彼の音楽が後世に受け継がれたことを喜ぶと共に、大戦中の迫害で命を落とした多くのジプシーにも思いを馳せました。


Django」(2017年フランス)

« おかえり、ブルゴーニュへ | トップページ | シャイニー・シュリンプス! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おかえり、ブルゴーニュへ | トップページ | シャイニー・シュリンプス! »