« 約束の葡萄畑 | トップページ | ブルーブラッド シーズン3 »

2022年1月31日 (月)

スーパーノヴァ

私の好きなロードムービーということもあり、コリン・ファースとスタンリー・トゥッチのゲイ・カップルが妙にはまっていて(2人ともストレートなのにね)、さすが名優の演技に何度もホロリとさせられる作品でした。

作家のタスカーは認知症と診断され、長年のパートナーでピアニストのサムと、キャンピングカーで旅に出ます。
単に美しい景色の田舎をドライブしているだけと思っていたら、タスカーの記憶があるうちに、2人の思い出の場所をたどったり、サムの実家に立ち寄ったりしていました。

愛しているからこそ負担になりたくないという考えと、愛しているからこそ最後まで一緒に過ごしたいという思いの、どちらの気持ちもよくわかるし、他の病気以上に本人も見ているほうも辛いというのが、認知症の初期段階なのかなと思います。

少し前に見た「ファーザー」の時もそうでしたが、自分の親がそうなった場合だけでなく、自分自身に起こった場合のことも考えてしまいました。

ラストはあいまいな感じで、もしかしたら見ている人に解釈を委ねたのかもしれませんが、そんな終わり方もまた良、でした。


Supernova」(2020年イギリス)

« 約束の葡萄畑 | トップページ | ブルーブラッド シーズン3 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 約束の葡萄畑 | トップページ | ブルーブラッド シーズン3 »