« 大統領の陰謀 | トップページ | 記者たち 衝撃と畏怖の真実 »

2021年12月12日 (日)

バース・オブ・ネイション

1831年に白人に対して黒人奴隷が反乱を起こした事件の指導者ナット・ターナーの伝記映画で、アメリカ公開時から気になっていた作品です。

最初は、従順なナットがどうして立ち上がろうとしたのか不思議でした。地主のサムは子供の頃に一緒に遊んだ仲だし、大奥様も優しくてナットに読み書きを教えてくれたし、自分の処遇に疑問も抱かなかったと思います。

それが、聖書を学んで黒人の宣教師的立場となり、彼に奴隷を制御させる目的であちこちの農場に連れていかれ、各地で悲惨な状況の奴隷たちを目にしてしまったことで、変化したんですね。
更には、自分の身近な人たちも被害を被るに及んで、我慢ならなくなったということでしょうか。

サムにしたって、いい主人ではあっても友達ではなく、黒人としての一線を越えるようなことは決して許さなかったし。「それでも夜は明ける」のフォードと同じだなーと。

反旗を翻したやり口が暴力的なのには抵抗感ありましたが、このくらいやって白人を怯えさせないとってことなのでしょうか。ただ、その後奴隷に対する締め付けが更に厳しくなったとのことなので、この暴力による行動が果たして効果があったのかは不明です。

タイトルが1915年の無声映画「國民の創生」(私もずいぶん前に見ました)と同じだなと思っていたら、やはりKKK礼賛のようなあちらの映画の対比として、皮肉交じりに同名の題をつけたようです。


The Birth of a Nation」(2016年アメリカ)

« 大統領の陰謀 | トップページ | 記者たち 衝撃と畏怖の真実 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大統領の陰謀 | トップページ | 記者たち 衝撃と畏怖の真実 »