« 北氷洋 | トップページ | 2021年のまとめ »

2021年12月21日 (火)

ブル シーズン5

第5シーズンが終了しました。こちらもリアルタイムのドラマなので、コロナ禍真っ只中でしたが、「オール・ライズ」のようなリモート裁判はなく、傍聴がないだけでした。
ただし、かつてのような模擬陪審員の作戦は取れず、苦労していましたね。

ベニーが地区検事選に立候補するという話も出ました。で、代わりにチャックが弁護士として前面に出たのはいいとして、途中選挙の話が全く出なくなった時には、どーなったの?と思いましたが、終わり頃にようやく出て、諸事情から立候補は取り止め・・。この騒動は何だったのでしょうね。

そうそう、良かったのは、12年前にブルが今の仕事を始めるきっかけになった事件(陪審選びが正しかったら無罪になってたっていう無念の裁判)の話と、マリッサと出会って彼女をTACに引き抜くいきさつが描かれるエピソード。
これでようやく彼らの原点を知ることができました。

ブルとベニーの姉イザベラは、シーズン当初から婚約していたけれど、こちらも「グレイズ・アナトミー」のマギーと同様、コロナ禍で仲間うちだけの簡素な式を挙げたところでシーズンエンド。海ドラもコロナ婚ばやりですね!


Bull」(2020~2021年アメリカ)

« 北氷洋 | トップページ | 2021年のまとめ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北氷洋 | トップページ | 2021年のまとめ »