« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月30日 (土)

NCIS シーズン18

第18シーズンを見終えましたが、まずはコメントしていなかった前シーズンから振り返ります。

ほとんどの人にとっては喜ばしい復活だったであろうジヴァの登場は、彼女のファンでもなかった私にとっては特に注目すべき展開でもありませんでした。
ただ、「チリ33人」で見た時のオバサンの雰囲気は微塵も感じさせず、すっかり昔のジヴァに戻っていたので、さすが女優さんだなーと感心しました。

近所の少年フィニアスとギブスの交流が微笑ましいと思っていたところ、予想外の結果になったのはショックでしたね。このフィニアスは今シーズンでも登場しました。

友人フィルが登録してくれた出会い系アプリに拒否反応を示すギブスは想定内でしたが、興味ないからってスマホを暖炉に投げ込むのは止めようよって思ったのは私だけでしょうか?

続きを読む "NCIS シーズン18" »

2021年10月23日 (土)

サウンド・オブ・メタル

今年のアカデミー賞候補作で一番注目していた作品です。

耳が聞こえなくなるっていうのは、ただでさえ大変なのに、音楽を生業とする人が直面したら、自らの根幹に関わる問題なんでしょうね。
しかも、徐々に聴力を失うのなら、多少なりとも覚悟ができるでしょうが、ある日突然ほとんど聞こえない状態になったら、恐怖しかないと思います。

ルーベンの耳が急に変になって不安が広がっていく様子が、とてもリアルに描かれていて、コーヒーメーカーのコポコポいう音とか、自分にとって馴染みのある普段何気なく耳にしている音が聞こえなくなる状況が、うまく表現されていました。

恋人の勧めで聴覚障がい者のコミュニティを訪れたものの、手話のできないルーベンは皆の輪に入ることができずにいるのですが、子供たちの教育に参加するようになって、意識が少しずつ変わっていくところがいいと思いました。

続きを読む "サウンド・オブ・メタル" »

2021年10月19日 (火)

スタートレック ディスカバリー シーズン2

前シーズンを見た時には、オリジナルの「スタートレック」や「ディープ・スペース・ナイン」に比べてはまれないと書きましたが、今回は結構楽しめました。

理由の一つは、エンタープライズのパイク船長やスポックなど、見知ったキャラクターが出てきたこと。
そして、やっぱり私は並行宇宙の話がイマイチだったみたいで、今シーズンはテランのジョージャウは出ているものの、並行宇宙に直接絡む話がなかったのが良かったのだと思います。

今シーズンは、マイケルとスポックや実母との関係も描かれているのが興味深かったし、スタメッツとヒューのゲイカップルの行く末も気になりました。男勝りのリノも気に入りました。

マイケルとタイラーの関係は、タイラーがヴォークと合体しちゃって(その辺りはついて行きにくかった)複雑化したのが残念ですが、マイケルには色恋より任務に生きてほしいというのが正直なところです。

続きを読む "スタートレック ディスカバリー シーズン2" »

2021年10月 2日 (土)

ペンブルックシャー・マーダー

ウェールズで1989年に起こった迷宮入り事件の再捜査を描く実話ドラマ化で、主役がルーク・エヴァンス(「ホビット」「ワイ・スピ」)ということもあり、見てみました。

確かに今はDNAの解析技術が発達しているので、昔解決できなかった事件も解決しやすくなっているのは事実でしょうが、そもそも古い事件に着目して調べ直そうとする人がいなければ始まらないし、多くのアイテムから限られた予算でDNAの残っていそうな服や物を探し出すのも大変です。目撃証言などほかの要素は年月と共に正確さを欠くだろうし、そう簡単ではなかったと思います。

実際、ペンブルックシャーより以前の事件との類似性を発見し、連続殺人犯だと分かったことや、更に犯人が当時たまたま視聴者参加型のテレビ番組に出ていて、その頃の姿を見ることができたというのもラッキーだったと思います。

それを利用した心理戦で証拠の不足を補ったのもすごいテクニックだったし、そもそも新しい視点で事件を見直したからこその解決でしょうから、すべてを運で片づけるつもりはありませんが、様々な要素が本当にうまくはまったんだろうなと思います。

犯人が分かって見ているせいか、最後は何だかちょっとあっさりした結末だったけれど、全3話だし、駆け足になっても仕方ないのかもしれません。


The Penbrokeshir Murders」(2021年イギリス)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »