« ランサム ~交渉人~ | トップページ | 警視グレイス »

2021年8月 1日 (日)

ブランニック警部

重厚感たっぷりの刑事ドラマで、現代の誘拐事件と過去の殺人事件だけでなく、アイルランドの和平合意に絡む歴史的背景もあり、イギリスで高視聴率だったというのも納得でした。

私にとっては、IRAの活動も東西冷戦と同様、当時はニュースで聞いていながら、すっかり過去のものとなっていますが、地元の人たちはどうなのでしょうか。
和平交渉を成功に導くため、反対派を殺した人がいて、警察もその事実をもみ消したっていう設定は、いかにもありそうでリアルに感じました。

しかし話はそこで終わらず、誘拐犯も殺人犯も早々に明らかになって、捜査する側と犯人側の両方の側面で進行し、見ているこちらも、どの視点で見るべきなのか迷いました。
犯人捜しではなくなったので、最後に意外な事実とか隠された動機とかが出てくるのかと思いましたが、そういう展開にはならず、しかしながらラストは想定外の結末となりました。

今では和平が成立し武装解除されたIRAですが、カトリックとプロテスタントの宗教対立の根深さをまざまざと感じました。


Bloodlands」(2021年イギリス)

« ランサム ~交渉人~ | トップページ | 警視グレイス »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ランサム ~交渉人~ | トップページ | 警視グレイス »