« レオナルド | トップページ | ランサム ~交渉人~ »

2021年7月22日 (木)

ロシア・ハウス

ショーン・コネリー主演の映画を見たのはもう27年前のことなので、ストーリーもすっかり忘れていて、まったく白紙の状態で読み始めました。

最初はニキ・ランダウが主人公かと思い、次にネッドが主人公と考え、バーリーが登場した時には脇役かと思ってしまったため、彼が真の主役とわかった時には、全く違うイメージを持ってしまっていて、ショーン・コネリーではどうしても違和感を持ちました。

冷戦時代をリアルタイムで知ってはいるものの、もうすっかり昔のことになっているので、ピンとこないことも多かったのですが、情報戦でお互い相手の兵力が勝っているものと信じ、それを崩そうと奔走するスパイの姿は、「ジ・アメリカンズ」と重ねることでようやく実感できました。

そんなこんなで、それほど楽しめたとは言えませんが、硬い文章がすんなり読みにくいことの多いル・カレにしては、結構さらっと読めたほうだと思います。


「The Russia House」(ジョン・ル・カレ著・早川書房)

« レオナルド | トップページ | ランサム ~交渉人~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レオナルド | トップページ | ランサム ~交渉人~ »