« ロシア・ハウス | トップページ | ブランニック警部 »

2021年7月29日 (木)

ランサム ~交渉人~

期待せずに見始めたのですが、思ったより楽しめました。「Crisis」や「キッドナップ」のようにシーズン通して完結する誘拐ものと思っていたので、一話完結なのも良かったし。

ただ、人質事件や誘拐の交渉だけでネタが持つのかは疑問で、シーズン1の13話は何とかなったけれど、今後どんなシチュエーションを持ってくるつもりなのでしょうか。

カナダがベースの会社で守備範囲は北米だけかと思ったら、フランスにも繰り出していました。インターナショナルな交渉人をアピールするにしても、海外はフランスばかりだなと考えていたら、フランスの会社が製作に加わっているからなんですね。

個人的には第10話のエピソードが、自閉症の天才絵画修復師の話で、「アストリッドとラファエル」を思い出したし、演じていたのが「サバイバー」でハナのチームにいたチャックだったんで、よけい関心を持ちました。

最終話は交渉人エリックの宿敵ディレイン(「24」などのカルロ・ロタ)がエリックの娘を誘拐したところでエンド。
ドラマはシーズン3まで作られて、残り2シーズンはオンデマンド配信とのことなので、とりあえず見続けてみます。


Ransom」(2017年カナダ・フランス・アメリカ・ドイツ)

« ロシア・ハウス | トップページ | ブランニック警部 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア・ハウス | トップページ | ブランニック警部 »