« 消えた声がその名を呼ぶ | トップページ | カリンカ »

2021年5月23日 (日)

博士と狂人

かのオックスフォード英語辞典の編纂に変わった二人の話です。実話なのが驚きで、だからこそ映画にはもってこいの題材とも言えます。

なかなか進まない辞典の編集人として新たに抜擢されたのは、学校は14歳で辞め学士号も持っていない、独学で言語学の優れた知識を習得したマレー氏。

それだけでもびっくりですが、辞典作成に一般の人々の助けを借りることになり、そこで協力したのが殺人罪で精神病棟に収監されている人物。ただ、囚人なので時間はあるから、手伝う気さえあれば役に立つのは分かる気がしました。

それまで全単語をまとめた辞典がなかった時に、一から作るのはそれだけで大変なのに、時代によって意味が変わるからと、その出典(引用)までも加えるという野心的取り組みで、気の遠くなるような作業だったことは容易に想像がつきます。

マレー氏を採用するまでにすでに20年も経っていたことを考え合わせると、完成に漕ぎ着けただけでも偉業と言わざるを得ません。

最初キャストを聞いたときに、ショーン・ペンが博士でメルギブが囚人かと勝手に憶測していましたが、映画を見た後では、この配役で合っていたかもと思います。


The Professor and the Madman」(2018年イギリス・アイルランド・フランス・アイスランド)

« 消えた声がその名を呼ぶ | トップページ | カリンカ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 消えた声がその名を呼ぶ | トップページ | カリンカ »