« スターリンの葬送狂騒曲 | トップページ | ルイの9番目の人生 »

2021年4月23日 (金)

This is Us シーズン4

これまでジャックとレベッカ、そして3人の子供たちを中心に描いてきた本ドラマですが、前シーズンのラストでちらっと見せたように、次の世代への移行を感じさせるシーズンでした。

ピアソン家はもちろん、トビーやベスのことも取り上げたので、先に進まないと、という判断なのかもしれません。ケイトとトビーの息子が大人になって音楽で成功する姿(レベッカとケイトの血筋ね)や、ケヴィンにも子供が生まれると分かったし。

ただしケヴィンの相手が誰かについては、散々気を持たせられました。

まず、叔父ニックとの断酒会で出会ったジェニファー・モリソン(「Dr. House」)がいて、次にカフェで出会うソフィア・ブッシュ(「シカゴP.D.」)がいたのに、どちらともくっつかず、果ては元妻ソフィーと再会したので元サヤか?と思ったのに、それもアウト。

結局子供の母親は一夜限りの相手だったけれど、今後彼女との仲は進展するのでしょうか?

ケヴィンの職業もあって映画ネタが多いのも、このドラマの楽しみの一つですが、今回ケヴィンはM・ナイト・シャマラン監督の映画に出演。「グッドウィル・ハンティング」のラストを想像するゲームもありました。

そうそう、ケヴィンが降板した「シッターマン」の後任は、モリス・チェスナット(「ローズウッド」「レジデント」)だそうです!

最終話はいつも意味深ですが、今回も次シーズンに向け期待の高まるエンディングでした。


This is Us」(2019~2020年アメリカ)

« スターリンの葬送狂騒曲 | トップページ | ルイの9番目の人生 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スターリンの葬送狂騒曲 | トップページ | ルイの9番目の人生 »