« ソールズベリ 毒殺未遂事件 | トップページ | ミセス・アメリカ »

2021年2月15日 (月)

Hawaii Five-O ファイナル

とうとうシリーズ終了となりました。

ファイナルとなる今シーズンは、久々にマシ・オカが出て、ハロウィーン恒例のキアヌ・リーヴスの仮装(今回は「ジョン・ウィック」のチャプター2のほうらしい)をしていましたね。
私がお気に入りだったMI6のハリーも再登場しました。

また、「私立探偵マグナム」とのコラボがありました。これまでも、あちらのドラマにはノエラニやカマコナが出ていましたが、メインのキャストとの絡みはなかったので嬉しかったです。これが最初で最後だけど。

コラボといえば、「マグナム」のリックが一人で出た回では、「マクガイバー」でマックの父役だったテイト・ドノヴァンが監督をしていて、まさにレンコフ・ワールド揃い踏み!と思ってしまいました。

もう一人、ラスト2話に登場したコールは、スティーヴが不在の間ファイブ・オーの留守を預かるようですが、演じるランス・グロスは「マクガイバー」ではライリーの元彼コルトンでしたよね。
「マクガイバー」は無理そうだけど、「マグナム」では同役でゲスト出演してくれないかなーと期待しています。

思えば、ここで見た美しい景色に魅せられて、人生初のハワイ旅行に行ってしまったほど(その時の記事はこちら)影響を受けたドラマなので、もう終わってしまうと思うと感慨深いです。


Hawaii Five-O」(2019~2020年アメリカ)

« ソールズベリ 毒殺未遂事件 | トップページ | ミセス・アメリカ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソールズベリ 毒殺未遂事件 | トップページ | ミセス・アメリカ »