« 幸せへのまわり道 | トップページ | アバウト・レイ 16歳の決断 »

2021年2月26日 (金)

ビッグバン・セオリー ファイナル

12シーズンにわたって作られたこちらのシットコムがとうとう終わりました。

シェルドンも結婚しちゃったし、どうやって最終シーズンを盛り上げるのかと思っていたら、何とシェルドンとエイミーの研究がノーベル賞にノミネート! でも、2人の研究を横取りする科学者が現れて騒動になり、これがまたショーン・アスティンとカル・ペンで。

スチュアートに春が来たのも嬉しかったですね。ラージを差し置いて4番目の既婚者になるかと期待したけれど、残念ながらそこまでは至らず。

ヤング・シェルドン」の面々も出ました。子供のシェリーはもちろん、パパと兄も。
それに、高校(シェリーはもちろん飛び級)で親友だったタムと大人になって再会するエピソードもありました。みんなは「シェルドンに幼なじみがいたなんて」と驚いてたけど。

ウィル・ウィートンが主催する「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のゲームナイトでは、参加者にウィリアム・シャトナーが! でも他の参加者が、ジョー・マンガニエロとカリーム・アブドゥル=ジャバーなのは何故⁈

男性陣がシャトナーに反応する一方、女性陣はマンガニエロに狂喜(私も「マジック・マイク」見てるので納得)。

最終話の一つ前の回では、シェルドンとレナードが隣人ペニーに初めて会った時から始まり、ハワードとバーナデットが付き合いだしたり、エイミーとも出会ったことなどを振り返るシーンがあって、懐かしかったです。
そしてヴァニティ・カードには、「Almost The End」とあって、ちょっとしんみり。

最終話のラストは、シェルドンのスピーチを聞いた後で、皆がいつものように揃って出前の中華を食べているのを見たら、不覚にも涙ぐみ・・・
ヴァニティ・カードには勿論、「The End」の文字。とうとう終わっちゃったーと実感しました。

今後は「ヤング・シェルドン」を糧に(?)生きていきます!


The Big Bang Theory」(2018~2019年アメリカ)

« 幸せへのまわり道 | トップページ | アバウト・レイ 16歳の決断 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せへのまわり道 | トップページ | アバウト・レイ 16歳の決断 »