« そして誰もいなくなった フランス版 | トップページ | 宇宙戦争 »

2021年1月22日 (金)

フォッシー&ヴァードン

サム・ロックウェル主演ということで、エミー賞授賞式の時から気になっていたドラマです。

ボブ・フォッシーのことは知っていて、「キャバレー」「オール・ザット・ジャズ」はもちろん、「レニー・ブルース」や「スウィート・チャリティ」も見ていますが、グウェン・ヴァードンのことは今回初めて知りました。舞台中心に活動していたせいもあると思うけど、後年「コクーン」に出ていたと知り、思わず映画を見直して確認しちゃいました。

芸術家にはありがちですが、フォッシーもまた女好きで酒とドラッグにも手を出し、でも口がうまくて優しいことばかり言うから、女性には魅力的に映ってすぐなびいちゃうのかなと思います。

グウェンとの関係は、お互いに支え合っているようでもあり、でも足を引っ張っているようでもあり、同じ業界にいると便利な反面、比較され張り合う場面も出てきて微妙だなと感じました。

「オール・ザット・ジャズ」は世間的には評価が高いようですが、私にはイマイチで、見た当時はフォッシーのことも彼の自伝的映画だとも知らなかったし、そもそもミュージカル好きでなかったというのもありますが、今回彼の人生を知って、改めて見てみたくなりました。

一つ発見したのは、「Law&Order」や「ジェシカおばさんの事件簿」など犯罪捜査ドラマで馴染みのあるジェリー・オーバックが、昔はミュージカル俳優だったこと。フォッシーとヴァードンの舞台「シカゴ」にいたらしくて驚きました。


Fosse/Verdon」(2019年アメリカ)

« そして誰もいなくなった フランス版 | トップページ | 宇宙戦争 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして誰もいなくなった フランス版 | トップページ | 宇宙戦争 »