« ザ・ゴールドフィンチ | トップページ | This is Us シーズン3 »

2020年11月19日 (木)

アメリカン・アイドル シーズン18

WOWOWでは「新アメリカン・アイドル」のシーズン3として放送されていましたが、通しのシーズン番号にしてみました。

一応ずっと見てはいるものの、もうこの番組について記事を書くことはないと思っていたのですが、異例のリモート審査だったこともあり、ちょっとだけコメントします。

前半の予選やハリウッド・ウィーク、ハワイ最終予選までは、ごく普通に進んでいました。ただし、ハワイの回では司会のライアン・シークレストが、収録は1月だったと断っていたことから、アメリカでの放送時にはもうコロナ禍で自粛していた頃だったと推測できました。

参加者も審査員もリモートで、よく頑張って番組を続けたなと感心します。各地に散らばる人たちに放送に使う機材を渡し、生放送の本番前に何度も打ち合わせやリハーサルをしたのでしょうし。

秋に見た「エミー賞授賞式」もフルリモートでしたが、受賞のスピーチをするだけなのと、バンドもコーラスも別にして歌う人たちの審査とじゃ、全然違いますものね。

いつもと違って派手なステージパフォーマンスもなく、見ているこちらもちょっと淋しく感じましたが、しっとりアコースティックにも歌える人たちが多く残っていたので、何とかなったのかもしれません。これまで以上に歌唱力や選曲の的確さが重要だった気がします。

個人的にはネパール出身のアーサー・ガンが気に入っていて、「空を見たかい」を何バージョンにもアレンジして歌えるのがすごいと思いました。
私はこの曲を聞くと、大好きだったドラマ「コールドケース」を思い出し(番宣でいつも流れていたんだったかと)、あのドラマを見たくなりました。

« ザ・ゴールドフィンチ | トップページ | This is Us シーズン3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・ゴールドフィンチ | トップページ | This is Us シーズン3 »