« ザ・コミー・ルール | トップページ | ヤング・シェルドン シーズン1 »

2020年11月 5日 (木)

クリミナル・マインド ファイナル

とうとうシリーズ終了です。
記事を書いていなかった一つ前のシーズン14の分も加えてコメントします。

シーズン14ではリードの出てこない話が多くて、アカデミーで授業を持っているということだったのですが、久々に出たら今更ながらJJとビミョーな雰囲気に。
JJが献身的な夫を捨ててリードとくっつくとも思えなかったし、そうなったら許さなーいと考えたのは私だけではなかったのか、次のシーズンでこの話はサラッと終わらせていましたね。

代わりにロッシが何度目かの結婚にこぎつけ、「NCIS」のギブスといい勝負?なんて考えましたが、とにかく幸せになってくれたのは喜ばしい限りです。
そのロッシは、取り逃がしたシリアルキラーのリンチに付け狙われ、ファイナルシーズンでは大変なことに。

JJがニューオーリンズに異動の話が出たり、プレンティスに昇進の話が出たり、果てはガルシアにシリコンバレーの企業からお誘いもあり、ロッシの引退とリードの講師専念で皆がバラバラになり終了か?と思っていたら、そんなことはなさそーに普通に終わりました。まあ、この先は分かりませんが。

でも、最終話で若き日のモーガン、ホッチ、ギデオンに、グリーナウェイまで出ていた頃(シーズン1最初?)の映像が流れ、懐かしく思い出しました。他の人はともかく、モーガンぐらいリアルで出てくれるかと期待しましたが、それはなくて残念! でも、「S.W.A.T.」でシェマー・ムーアを見ているのでOKです。


Criminal Minds」(2020年アメリカ)

« ザ・コミー・ルール | トップページ | ヤング・シェルドン シーズン1 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・コミー・ルール | トップページ | ヤング・シェルドン シーズン1 »