« サバイバー:宿命の大統領 シーズン2 | トップページ | ボディガード -守るべきもの- »

2020年10月11日 (日)

レッドライン ~悲しみの向こうに

現代社会をリアルに描いたドラマということで、注目度大で見始めました。

シカゴP.D.」でも触れたBlack Lives Matter運動を想起させる、黒人を白人警官が射殺するという事件を軸に描いていますが、中心はゲイの親と養子の娘の家族の在り方と、2人が徐々に事件から立ち直っていく姿です。

白人の親と気持ちを分かち合えないと感じる娘と、娘を支えたいのに無力感に苛まれる父親の、両方の気持ちがひしひしと伝わってきました。

撃った警官の方も、あからさまな差別主義者ではないのですが、アメリカ社会、特に地域によっては刷り込みのように意識下に持ってしまっているために、とりわけ警官が瞬時に判断するような時には、その刷り込みが行動を決定づけてしまうのかなと考えたりしました。

更にポールの場合は、厳格な父の下に育ち、同じく警官だった兄と比較され、精神的に弱い面があったので、つい虚勢を張って余計に悪い方向へ転がっていくようでした。同情心も感じなくはなかったけれど、さすがにあの一線を越えたのはまずいですよね。

ラストは、完全懲悪すべてハッピーエンドとはいかないところがまたリアルですが、将来に希望を見出せる終わり方でした。

タイトルにあるレッドラインは、シカゴを南北に走っている路線らしく(この間「シカゴP.D.」でもキムが容疑者を追いかけてホームを走ってました)、豊かな地域と貧しい地域を繋ぐ象徴的な意味を含んでいるようでした。


The Red Line」(2019年アメリカ)

« サバイバー:宿命の大統領 シーズン2 | トップページ | ボディガード -守るべきもの- »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サバイバー:宿命の大統領 シーズン2 | トップページ | ボディガード -守るべきもの- »