« 暗号探偵クラブ ~アメリカ殺人旅行 | トップページ | レッドライン ~悲しみの向こうに »

2020年10月10日 (土)

サバイバー:宿命の大統領 シーズン2

今シーズンは、エミリーの紹介で雇われた政務官リオ(「救命医ハンク」のパウロ・コスタンゾ)と、法律顧問のケンドラ(「NCIS:ニューオーリンズ」のゾーイ・マクラレン)が、新しくスタッフに加わりました。

ゲスト出演では、元大統領モス役のジェフ・ピアソンに続き、またも「24」ファミリーからキム・レイヴァーが参戦! 妻亡き後、意気消沈のトムを支えて、いい雰囲気になるところは、「24」を知る視聴者へのサービスでしょうか?

シーズン後半は、大統領の罷免を求める聴聞会を仕切る弁護士ウェストで、マイケル・J・フォックスが! 「グッド・ワイフ」の弁護士役以来だったので、久々に元気そうな姿を見られて嬉しかったです。
ちなみに、「グッド・ワイフ」のスピンオフ「グッド・ファイト」でも同じ役で近々登場するらしく、そちらも今から楽しみです。

FBIからホワイトハウス付捜査官となったハナ・ウェルズは、MI6からやって来たダミアンと協力することに。彼はその後、怪しい行動に出るのですが、映画「スキャンダル」でも書いたように、演じるベン・ローソンがとても目立っていて印象的でした。

ラストは、トムが再選を目指して出馬を決意というところでエンド。
シーズン1で正義一筋だった彼も、シーズン2では駆け引きや妥協も多く、その方がリアルではあるのですが、やっぱり最初の純粋で実直なトムが良かったのも事実。

だから視聴率が振るわなくて打ち切りが決定されたのかもしれませんが、ネトフリに移行してシーズン3までは作られたようです。


Designated Survivor」(2017~2018年アメリカ)

« 暗号探偵クラブ ~アメリカ殺人旅行 | トップページ | レッドライン ~悲しみの向こうに »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暗号探偵クラブ ~アメリカ殺人旅行 | トップページ | レッドライン ~悲しみの向こうに »