« シカゴ・ファイア シーズン7 | トップページ | 暗号探偵クラブ ~アメリカ殺人旅行 »

2020年10月 4日 (日)

シカゴP.D. シーズン6

こちらは第6シーズンが終了です。
今シーズンは、正直あまり楽しめませんでした。

正義の人だったアントニオが、捜査中の怪我が原因で鎮痛剤依存になりボロボロになっちゃって、果ては容疑者を突き落としてしまい、ルゼックがその罪を被る事態にまで発展しました。

ボイトの計らいで施設に入り薬を抜いたけれど、何事もなかったように特捜班に戻って来て仕事をしているのも納得いかず・・・。
確かに、ボイトは一線越えるようなことを何度もやってきたけど、清廉潔白なアントニオが最後の砦だったのに。

アトウォーターが潜入捜査中に白人警官に車を止められるエピソードはリアルでしたね。同乗者が射殺されてしまうところは、まさに今Black Lives Matterで問題視されている事件そのもので、アメリカでは同様の事件が何度も起きている現状を実感しました。

キムが付き合ってたブレアが死んじゃう話もありました。彼は市長候補ケルトンのスタッフでしたが、この市長選の騒動も、今シーズンがイマイチに思えた理由の一つ。ケルトンとプライスの諍いが何度も出てきて、最後のほうはウンザリしていました。

ブレアを演じるチャールズ・マイケル・デイヴィスという人は、最近、カイゴがティナ・ターナーの名曲を甦らせた「What's Love Got to Do with it」のMVに出ているのを発見して、「ブレアだ!」と嬉しくなりました。


Chicago P.D.」(2018~2019年アメリカ)

« シカゴ・ファイア シーズン7 | トップページ | 暗号探偵クラブ ~アメリカ殺人旅行 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シカゴ・ファイア シーズン7 | トップページ | 暗号探偵クラブ ~アメリカ殺人旅行 »