« シール・チーム | トップページ | スキャンダル »

2020年9月23日 (水)

FBI:特別捜査班

製作が「Law&Order」や「シカゴ」シリーズのディック・ウルフなので見たのですが、FBIも特捜班も今更目新しくないので、取り立てて面白い感じはありませんでした。
爆弾テロから人身売買、無差別狙撃、核燃料施設の危機など、派手な事件が多すぎるのも非現実的でした。

イスラム教徒で中東の情報に詳しいOAが、マギーの相棒として目立っているのが今っぽいのと、メインの2人だけでなく、チームが一丸となって捜査に当たるのを見せているのは、いいなと思います。

「FBI:Most Wanted」というスピンオフが早くも作られたらしく、こちらは逃亡犯追跡ということで、ちょっと珍しいかもしれませんね。以前「ザ・プロテクター」という連邦保安官のドラマを見ていたけれど、私はそのくらいしか思いつきません。

最終話は、シーズン前半で少し語られていたマギーの夫の死の真相に迫るストーリー。無事解決してマギーも気持ちの整理をつけられたのは何よりですが、関係者の彼女を捜査に参加させた上司のデイナはチームを去ることにしたみたい・・・。
演じるセーラ・ウォードは「Dr.HOUSE」の頃から好きだったので、ちょっと残念です。


FBI」(2018~2019年アメリカ)


« シール・チーム | トップページ | スキャンダル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シール・チーム | トップページ | スキャンダル »