« シングル・ペアレンツ | トップページ | マダム・セクレタリー シーズン2 »

2020年5月16日 (土)

ヒューマンズ

シーズン1から順次放送されていたこちらのドラマを、ファイナルとなるシーズン3まで見終えました。

最初の2シーズンはサクサク見ていたのに、最終シーズンになってトーンダウンしちゃったのは、やはり事態が大きくなりすぎたからでしょうか。
シーズン1ではシンス(アンドロイド)とホーキンス一家との関係を主軸に、シーズン2では意識を持ったシンスを開発する企業との対立が焦点で、あくまでごく一部の間で起こる出来事でしたが、シーズン3は人間対シンスの戦いになってしまいました。

シンスを現代社会の人種(あるいは国籍・宗教など)による差別と迫害に見立て、その是非を問いかけているのかもしれませんが、ここまで来るともう収拾つかないというか、認める人認めない人それぞれいるにしても、恐怖と脅威を感じた人類がもはやシンスを完全に受け入れることなど考えられず、どういうエンディングにするのだろうと思っていました。

見ていない人のために結末を言うつもりはありませんが、シリーズが継続するか確定していないうちだったらしく、含みを持たせて次なる段階を予感させる終わり方になっていました。
個人的にはニスカが好きだったので、次の段階に選ばれたのが彼女で嬉しかったし、第2シーズンで目立ってたのにその後が不明だったVとオディの消息がわかったのも良かったです。

シンスの中心的存在だったミア(別名アニータ)役のジェンマ・チェンは、これで注目されたのか、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」や「キャプテン・マーベル」にまで抜擢されて、今や引っ張りだこですね。

私にも家事を担当してくれるシンスがいたらいいなと思うけれど(車の運転もしないので、あちこち送ってくれるのもありがたい)、逆にどんどんずぼらになってしまいそうで怖いです。


Humans」(2015~2018年イギリス・アメリカ)

« シングル・ペアレンツ | トップページ | マダム・セクレタリー シーズン2 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シングル・ペアレンツ | トップページ | マダム・セクレタリー シーズン2 »