« アメリカン・クライム・ストーリー シーズン2 | トップページ | ブルーブラッド (再) »

2020年5月28日 (木)

イエスタデイ

設定が面白いなと思って、アメリカ公開時から(イギリス映画ですが)気になっていた映画でした。
わずかな大停電の直後から、あのビートルズを誰も知らない世界になってしまい、売れないミュージシャンだったジャックが、自分の曲と偽って一躍スターになってしまう話。

「そもそもなぜビートルズだけ? ザ・ローリング・ストーンズは? レッド・ツェッペリンは?」と思っていたところ、ジャックも同じように考えたようで、ザ・ローリング・ストーンズをネット検索したら、ありました! でも、次に存在を調べたのがチャイルディッシュ・ガンビーノ⁈ なぜに?

ちなみに他にも、オアシスが存在してなかったり、音楽ばかりかコカ・コーラが無くてペプシだけだったり、後から続々と「実はなかった」アイテムが出てきて笑えました。

リアルなのは、有名曲でも細かい歌詞を覚えてなくて必死で思い出そうとしてたとこ。それと、シチュエーションに合わせて曲をリリースできるのは、ビートルズより役得ですよね。太陽一杯のカリフォルニアで「Here Comes the Sun」を歌ったり、モスクワの公演で「Back in the U.S.S.R.」を突然演奏したり。果ては、エド・シーラン(本人役)との即興対決で、「The Long and Winding Road」を選んだりしていました。

個人的には、私がビートルズの曲の中で一番好きな「In My Life」をジャックが披露した時に、番組司会者の薄い反応がジャックでなくとも驚愕!
でも、エド・シーランがこの曲を聞きとめて評価し、彼の前座に呼んでくれることからスター街道まっしぐらとなりました。

そして、最後の方では「あの人」も登場し、驚きの展開に・・・。

期待通り楽しめた作品でしたし、最近ちょっとご無沙汰だったビートルズの曲も聞き直したくなりました。


Yesterday」(2019年イギリス)

« アメリカン・クライム・ストーリー シーズン2 | トップページ | ブルーブラッド (再) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカン・クライム・ストーリー シーズン2 | トップページ | ブルーブラッド (再) »