« 奇蹟がくれた数式 | トップページ | 天国でまた会おう »

2020年4月26日 (日)

Take Two/相棒は名探偵

レイチェル・ビルソンとエディ・シブリアンがコンピを組む犯罪捜査ドラマで、全然期待してはいなかったのですが、とりあえず見始めました。

テレビドラマで刑事役だった俳優が、実地の捜査に参加って設定は、まんま「セレブ探偵カーター」だし、ドラマで得た知識を生かすところや、軽いノリのまま解決できちゃうところも一緒。
でも、気楽に見られるドラマを求めている時にはお役立ちなので、最終話まで見続けました。

確かにサムとエディは互いに能力を補い合って、いいコンビなのは認めるし、それぞれの助手も魅力的。
サムの助手モニカが何にでも詳しいのは出来過ぎですが、普通はゴスっぽい格好なのに、大学の指導教授に会いに行った時には、超マジメ女子に変身していて笑いました。

ラストで、サムとエディがくっつくのもお約束。なので、1シーズンで終了しても惜しくはありませんが、こういう時の例に漏れず中途半端なまま終わったのが、すっきりしなくて心地悪かったです。


Take Two」(2018年アメリカ)

« 奇蹟がくれた数式 | トップページ | 天国でまた会おう »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇蹟がくれた数式 | トップページ | 天国でまた会おう »