« ベスト・オブ・エネミーズ | トップページ | Take Two/相棒は名探偵 »

2020年4月26日 (日)

奇蹟がくれた数式

ホテル・ムンバイ」を見た後で、見逃していたこちらのデヴ・パテル主演作も見たくなりセレクト。

学歴がないのに数学が強いっていうのは、マット・デイモンの出世作「グッドウィル・ハンティング」を思い出しますが、ラマヌジャンの場合は、1914年のインドですし、世に見出されたのはまさに偶然というほかはありませんよね。

今では皆が、インド人が数字に強いことを知っていますが、この頃は偏見と差別が根強く、インド人がイギリス人より優れていると認めたがらなかったのは、容易に察しがつきます。

独学であれだけの定理を考えつき、いくつかは証明もし、著名な数学者ハーディをうならせるほどの天才だったラマヌジャン。
イギリスの気候や食べ物が合わなくて健康を害したりしなければ、いったいどれだけのことを成し得たかと思うと、本当に残念です。

ラマヌジャンのケンブリッジ時代の同窓で、同じくインド人のマハラノビスに、「スタートレック ディスカバリー」のタイラーことシャザド・ラティフを発見!
また、ハーディと対立する教授でラマヌジャンのことも蔑む嫌な奴は、「ニュー・トリックス」のストリックランド役アンソニー・カルフです。


The Man Who Knew Infinigy」(2015年イギリス)

« ベスト・オブ・エネミーズ | トップページ | Take Two/相棒は名探偵 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベスト・オブ・エネミーズ | トップページ | Take Two/相棒は名探偵 »