« コンテイジョン | トップページ | マヨルカ島の捜査ファイル »

2020年3月22日 (日)

夜に生きる

公開時に気になっていた映画ですが、録画したまますっかり放置していて、今回ようやく見ました。
ギャングの生き様が私好みで、もっと早く見ればよかったと後悔しています。

舞台は禁酒法時代のアメリカ。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」や「アンタッチャブル」などと同様、やっぱりこのジャンルが好きなんだなと改めて思いました。
ただ、ニューヨークでもシカゴでもなく、フロリダってところが珍しいですよね。

ラストはちょっと余談が多い気がして、私としてはもっと手前で終わりにしてもいいと思ったけれど、ストーリーを完結させるという意味では、すべての結末を見せるのもありなのかもしれません。

デニス・ルヘインの作品は、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」や「シャッター・アイランド」と次々映画化されていますが、こちらの原作も読みたくなりました。ただ「ミスティック・リバー」の例もあるので、読んだ後で辛くなっちゃうかも。

ジョーの強盗仲間で頼りがいのあるディオンが気に入ったのですが、クレジットを見るまでクリス・メッシーナ(「ニュースルーム」)と気づかず、ショックでした。


Live By Night」(2016年アメリカ)

« コンテイジョン | トップページ | マヨルカ島の捜査ファイル »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンテイジョン | トップページ | マヨルカ島の捜査ファイル »