« 第92回アカデミー賞授賞式 | トップページ | マクガイバー シーズン3 »

2020年2月16日 (日)

ザ・シューター

マーク・ウォルバーグ主演の同名映画のドラマ化です。映画のほうも悪くなかったし、ライアン・フィリップも嫌いじゃないので、見てみました。

映画が2時間で描いたストーリーを10時間かけるのってどうなのかと思いましたが、案外楽しめました。特に後半が面白かったです。
多分、前半は狙撃犯にされて逃げるだけだったスワガーが、後半では真犯人を見つけ追い詰め、汚名をそそぐ様子が爽快だったからだと思います。

スワガーと張り合うスナイパーのロンが、「エレメンタリー」のデズモンド・ハリントンで、どうしても連続殺人犯のマイケルと思ってしまいましたが、「エレメンタリー」の時よりカッコよく見えました。義足の片足もいかしてたし。

また、スワガーの娘が監禁されていたロシア大使館で、彼に協力するロシア大使としてコスタ・ローニンが出ていて、「ジ・アメリカンズ」のオレグから出世したわねーなんて思ったりしました。

狙撃事件は解決し、これで終わりかと思ったら、シリーズはシーズン3まで作られたようで、今後は背後にうごめく陰謀を暴こうとする話にでもなるのかな?と思っています。


Shooter」(2016~2017年アメリカ)

« 第92回アカデミー賞授賞式 | トップページ | マクガイバー シーズン3 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第92回アカデミー賞授賞式 | トップページ | マクガイバー シーズン3 »