« ホワイト・ドラゴン | トップページ | スタートレック ディスカバリー »

2020年1月16日 (木)

ロスト・シティZ

イギリスの探検家パーシー・フォーセットの伝記映画です。

インディ・ジョーンズのモデルになったと聞いて、最初から冒険好きの考古学者かと思っていたら、過去の測量調査の経験を買われて、国境の地図作りのためにボリビアに派遣されたのが始まりだったんですね。

しかも最初はあまり乗り気ではなく、父親の悪行のせいで昇進が頭打ちになっていた彼が、この遠征で功績を残せば認められて上流社会に入れると思っての参加で、運命ってそういうものなのかもしれませんが、人生って不思議だなと思いました。

一度成功して止めることもできたのに、その後も古代文明の探求に取りつかれ、何度も南米へ向かったのは、冒険家としての資質があったのでしょうが、彼が証明しようとしていた幻の都市Zを見つけられないまま帰らぬ人となってしまったのは残念です。

ラストは幻想的に終わらせていましたが、現実はそうじゃなかっただろうと思うし、こうあってほしいという希望を表しているんだなと感じました。


The Lost City of Z」(2016年アメリカ)

« ホワイト・ドラゴン | トップページ | スタートレック ディスカバリー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイト・ドラゴン | トップページ | スタートレック ディスカバリー »