« ブラッド&トレジャー | トップページ | ロスト・シティZ »

2020年1月13日 (月)

ホワイト・ドラゴン

12月に一挙放送されていた英国ドラマの視聴をようやく終えました。

香港で死んだ妻に現地人の夫がいたというストーリーに興味を持って見たのですが、明るみになった真実は予想外のものでした。
そもそも、英国人の夫ジョナとの結婚が先だと思っていたのに、妻のメーガンには香港に大きくなった娘までいて、現地に根付いた生活をしていたのも驚きでした。

香港の夫デイヴィッドや、腐敗した香港警察、メーガンの友人だったというレイチェルに、英国領事館のサリーまでもが怪しい行動をして疑わしく、一体誰を信じていいのか分からない中で物語が展開します。

昔デイヴィッドが警察を辞めることになった事件が何か関係しているのかと思ったけれど、結局それはなかったので、この設定が必要だったのか不思議でした。
他にもいくつか疑問に思う点もありましたが、全部円満に終わる必然性もないのかなとは思っています。


White Dragon」(2018年イギリス)

« ブラッド&トレジャー | トップページ | ロスト・シティZ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラッド&トレジャー | トップページ | ロスト・シティZ »