« S.W.A.T. シーズン2 | トップページ | レジデント シーズン2 »

2019年12月 9日 (月)

マザー・ファーザー・サン

全8話一挙放送されたこちらのドラマを見ました。

父・母・息子の家族の話と思っていたので、冒頭いきなり失踪少女の事件で始まったのが不思議でした。まさか息子が少女殺害に関わっていてもみ消すとかじゃないでしょうねと推測したりもしましたが、さすがにそれはありませんでした。

家族の話でもありながら、一方でジャーナリズムの在り方がテーマでもありました。
先の事件は、警察とは別に独自で調査した新聞社オーナーのマックスと息子ケイデンが、真実を報道するという名目で一線を越えていいいのかという問題提起につながります。

そのマックスとケイデンのやり口を暴こうとするマギーとニックもまた、事実を世間に知らしめるという大義の下で、ジャーナリストとしての名誉や自己満足を優先させているのではと匂わせる場面もあり、一方だけを悪と決めつけて片づけられない気がしました。

マックスの、「判断するのは読者」と言いつつ、記事の書き方や表に出すタイミングで世論を巧みに操作する手口を見て、メディアを鵜呑みにしてはいけないという現代への警鐘につながると思いました。

で、結局親子のほうはどうだったかというと、予想していたのとは違うラストでしたが、皆それぞれの道を見つけて人生は続くって終わり方が、当たり前だけどリアルでした。


MotherFatherSon」(2019年イギリス)

« S.W.A.T. シーズン2 | トップページ | レジデント シーズン2 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« S.W.A.T. シーズン2 | トップページ | レジデント シーズン2 »