« ジ・アメリカンズ シーズン3 | トップページ | ブラック・クランズマン »

2019年11月17日 (日)

キリング・イヴ シーズン2

集中放送された第2シーズンを見ました。

先日のエミー賞授賞式でジョディ・カマーが主演女優賞を受賞したことからも分かるように、ヴィラネルは前シーズンに増して魅力的でしたね。

シーズン2では、易々と殺人をやってのけるサイコパスというだけ(それだけですごいんだけど)でしたが、今シーズンは、イヴに対する愛情が仕事(趣味?)を上回り、暗殺そっちのけでイヴを付け回し、イヴはそれを逆手にとって別の事件の捜査に彼女を引き込み、より関係が複雑化したのが面白くて、ほぼ一気見しました。

クリミナル・マインド」なんかもそうだと思うのですが、優秀な捜査官が犯罪者の行動を読み解けるのは、自らも犯罪者の立場になって考えられるからだと思います。
その結果、イヴも善悪の線引きが難しくなったり、ヴィラネルの存在にエッチな気分になって夫や同僚をダシに使ったりと、2人の心理が融合していってる感じから目が離せませんでした。

前シーズンのラストとは逆のパターンで今シーズンは終了。でも第3シーズンもあるので、また2人の愛憎相半ばする関係が続くのでしょう。


Killing Eve」(2019年イギリス)

« ジ・アメリカンズ シーズン3 | トップページ | ブラック・クランズマン »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジ・アメリカンズ シーズン3 | トップページ | ブラック・クランズマン »