« 華氏119 | トップページ | Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン20 »

2019年10月26日 (土)

スタートレック/ディーブ・スペース・ナイン ファイナル

とうとう最終シーズンまで見終えました。

前シーズンで殺されたジャッジアの代わりに、ダックスの新ホストとして登場したエズリ。私は、大好きだったドラマ「デッド・ゾーン」でニコール・デ・ボアを知っていたので、最初から好意を持って迎えたけれど、当時のジャッジア・ファンは複雑な気持ちだったのでしょうね。

シリーズ最初のころはカーデシアだった敵がドミニオンになったと思ったら、そろそろ新しい敵が必要と判断されたのか、ベイジョーの預言者の敵パーレイスなるものが現れて、デュカットがその熱烈な信奉者に。

デュカットって、一時期いいヤツに見えたのですが、所詮自分が大事で、自分の利になるから連邦艦隊に協力してただけなのねと、今更気づく私って見る目がないと痛感! ガラックは最後までいい人でしたが。

これまでもホロスイートは度々出てきましたが(ジュリアンのスパイごっことか)、野球対決の時はこんなこともできるんだと感心したし、カジノの強奪作戦はちょっと「オーシャンズ11」風で面白かったです。

でも何より、負傷したノーグがPTSDと向き合う話で活用され、このエピは現代にも通じるストーリーでなかなか良かったです。

ラスト5話って時には、いよいよ佳境に入った気がしましたが、この辺りでもうシリーズ終了とわかっていたからなのでしょうか。
そして最後は駆け足で、ドミニオンとの大決戦やパーレイスとの対決が描かれました。

でも、すべて終わってDS9を去る人たちがそれぞれの想い出を振り返るときには、さすがに涙しました。

次は、最近放送が始まった「スタートレック ディスカバリー」に乗り換え・・・。忙しくてまだ見ていないのですが、こちらも楽しめるといいなと思います。


Star Trek: Deep Space Nine」(1998~1999年アメリカ)

« 華氏119 | トップページ | Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン20 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 華氏119 | トップページ | Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン20 »