« スタートレック/ディープ・スペース・ナイン シーズン6 | トップページ | ジ・アメリカンズ シーズン2 »

2019年9月16日 (月)

プロジェクト・ブルーブック

宇宙人とか科学で証明できないもの系はあまり興味がないのですが(「X-ファイル」もはまらなかったし)、こちらは実話に基づくというので見てみました。

米軍の依頼でUFO目撃事件を調査するハイネック博士の「プロジェクト・ブルーブック」は、人々が宇宙船や宇宙人と思ったものを、科学的根拠に基づいて合理的に解明するところが、リアルで面白いと思いました。

「実は観測気球」説とか「実は隕石」説というのは私も聞いたことがあるし、他にもロケットの発射テストとか化学兵器の実験とか、様々な説明がありましたが、ドラマの中ではそれが必ずしも真実ではないように作っている気がしました。

宇宙人飛来を否定しないのは、その方がドラマとして面白いと思ってのことなのか、信じる人の夢を壊さないよう配慮してのことなのでしょうか。

あの頃は宇宙開発に着手したばかりで、東西冷戦もあったし、未知のものに対する恐怖がかき立てられたのかもしれませんが、最近はUFOネタもめっきり聞かないし、火星や小惑星への探査が着々と進んでいる今となっては、信じる人も少なくなったのではと思います。

ドラマはシーズン2もあるようですが、目撃談に合理的説明をつける話のみを求めていた私は、博士に接触する謎の人物や、博士の妻に近づいて情報を得ようとする女の存在、怪しい動きをする軍上層部などのサブストーリーがあまり楽しめないので、次も見るかは思案中です。


Project Blue Book」(2019年アメリカ)

« スタートレック/ディープ・スペース・ナイン シーズン6 | トップページ | ジ・アメリカンズ シーズン2 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートレック/ディープ・スペース・ナイン シーズン6 | トップページ | ジ・アメリカンズ シーズン2 »