« セレブ探偵カーター | トップページ | 9-1-1 シーズン2 »

2019年8月31日 (土)

マダム・セクレタリー

女性が主人公の政治ドラマは、これまでにも「マダム・プレジデント」や「ポリティカル・アニマルズ」などを見ていますが、こちらは政治的問題が更に現実に即していて、すごくリアルなのが楽しめました。

第1シーズンは2014年製作ですが、現在トランプ政権下でも危機的状況にあるイランとの関係、日本と中国が領有権を争う東シナ海の島の件(ドラマの中では米国主導で見事解決⁈)などなど、今見てもホットな話題ばかりでした。

エリザベスがCIAだった頃のコネを使ったり、それがなくても交渉のネタを必ず思いついたりして、首尾よく解決するのが出来すぎですが、政治的駆け引きは学ぶことも多くて面白かったです。

彼女を支える家族との絆も見どころの一つですが、こちらは皆理解がありすぎで、逆にリアルさに欠ける気もします。でも、こんな夫がいたらいいなー(しかも、「プラ・プラ」のティム・デイリーだし!)と羨望半分で見ています。

子供たちは3人とも社会情勢に関心が高く、それは環境のせいなのか、それともアメリカの家庭ってどこもそんな感じなのでしょうか。昔ホームステイしたフランス家庭でも、8歳の子がヨーロッパ情勢を熱く語っていましたしね・・・。

少し前に見た「サバイバー:宿命の大統領」のように、政府高官が関与する陰謀の話(こっちのドラマのが先だけど)もありましたが、こちらは最終話で一応片付いたので、次シーズンは別の波乱が待っているのでしょうね。
シリーズは引き続き継続中ですが、今秋アメリカで始まる第6シーズンがファイナルとなるようです。


Madam Secretary」(2014~2015年アメリカ)

« セレブ探偵カーター | トップページ | 9-1-1 シーズン2 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セレブ探偵カーター | トップページ | 9-1-1 シーズン2 »