« 暗号探偵クラブ | トップページ | セレブ探偵カーター »

2019年8月18日 (日)

ファースト・マン

アームストロング船長が月面着陸に成功してちょうど50年。それを記念してというわけでもなかったのですが、タイミング良くこちらの映画を見ました。

アームストロングや、一緒に月に降り立ったバズ・オルドリンのことはもちろん知っていましたが、「アポロ13」で描かれた以外に宇宙計画の詳しい話はほとんど知らなかったので、とても興味深かったです。

また、アームストロングが娘を亡くして失意にあったことや、NASAのジェミニ計画に参加した数少ない民間人だったこと、そして冷静沈着で生真面目な性格の人(オルドリンは逆にかなり軽い感じ)だったことを知りました。

ドリーム」でも見たようにソ連に追いつけ追い越せでプレッシャーのかかる中、新技術飛行では仕方ないのですが事故で仲間が次々と命を落とし、辛いこともたくさんあっただろうと思います。
でも、彼が船長だったからこそ実現できた偉業なのだと実感しました。

最近の伝記は、ある一時期を切り取った形式が多いけれど、これはジェミニ計画参加の当初からずっと順に追っていて、アームストロングのすべてを知るという意味では良かったのですが、映画の構成としてはイマイチ工夫に欠けているように見えたのが残念です。

「アポロ13」のジム・ラヴェルもちょこっと出てきていて、あちらの映画も久しぶりに見返したくなりました。


First Man」(2018年アメリカ)

« 暗号探偵クラブ | トップページ | セレブ探偵カーター »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暗号探偵クラブ | トップページ | セレブ探偵カーター »