« スタートレック/ディープ・スペース・ナイン シーズン5 | トップページ | ファースト・マン »

2019年8月14日 (水)

暗号探偵クラブ

第2次世界大戦中にドイツ軍の暗号解読に心血を注いだ人たちがいたことは、「イミテーション・ゲーム」や「エニグマ」などでも見て知っていましたが、解読装置を使って実際に日々解読をしていた人たちも当然いたわけですよね。
そんな場所ブレッチリー・パークに勤務していた女性4人が、戦後その解読能力を生かして難事件に挑むという話です。

4人がそれぞれ特技を持っていて、パターンの読み取りに長けたスーザン、地図を使った解析担当のミリー、データの取捨選択が得意なルーシー、そしてそもそものデータ入手にツテのあるジーンが、協力して事件を解決します。

最初は読み解きを間違えて、異なる方向に捜査を導いちゃったりするところが、素人だなーと思ったり、4人の仲間なのに一人でのこのこ出かけて危険な目に遭ったりするのも、お約束とはいえ思慮がなさすぎでしょ、とイライラしたりもしました。

集中放送されていたシーズン1と2の両方を見ましたが、シーズン2では主力のスーザンが途中で抜け、4人に冤罪から救ってもらったブレッチリーの元同僚アリスが、彼女の代わりに加入しました。

ドラマは2シーズンで終了となったものの、ネットを見ていたら、ミリーとジーンがアメリカに渡って事件解決する「The Bletchley Circle: San Francisco」というスピンオフが2018年に作られたようです。


The Bletchley Circle」(2012&2014年イギリス)

« スタートレック/ディープ・スペース・ナイン シーズン5 | トップページ | ファースト・マン »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートレック/ディープ・スペース・ナイン シーズン5 | トップページ | ファースト・マン »