« 女捜査官テニスン ~第一容疑者1973~ | トップページ | ミセス・ウィルソン »

2019年7月28日 (日)

ブレス しあわせの呼吸

実話ベースの映画はいつも感動しますが、こちらも良かったです。

ポリオで四肢麻痺になったロビンと、献身的な介護をする妻ダイアナの話ですが、1960年代に当時は珍しい障害者のQOL向上に貢献しました。

普通なら諦めて終生病院で過ごすことになるところを、自宅介護に踏み切ったところがすごいですが、ロビンが青空やツタの絡まる家の壁を見た時の喜びは計り知れず、「病は気から」の言葉を思い出しました。

たとえ余命宣告されても、生きる希望が湧けば体の調子が改善する可能性はあるし、少なくとも家族に囲まれて幸せに過ごすことはできますよね。
とはいえ、自宅での装備がきちんとしてなければ無理なわけで、決断には相当勇気が要ったろうと思います。

妻だけでなく周囲のサポートも強力で、特にベビーカーを見て車椅子を思いついたロビンの発明を現実にした友人には感心したし、こうやって技術は進歩していくんだって、まさに「必要は発明の母」だと実感しました。

監督は「猿の惑星」シリーズなどのアンディ・サーキス! 「ロード・オブ・ザ・リング」&「ホビット」のゴラムとか、モーション・キャプチャー俳優のイメージが強いですが、監督業にも進出したんですね。

映画でも描かれていたロビンの息子ジョナサン・カヴェンディッシュが製作していると思ったら、プロデューサーが本業の人(「ブリジット・ジョーンズの日記」とか!)らしくて驚きました。父親の映画を作りたくて初めて映画製作したわけじゃなかったようです。


Breathe」(2017年イギリス)

« 女捜査官テニスン ~第一容疑者1973~ | トップページ | ミセス・ウィルソン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女捜査官テニスン ~第一容疑者1973~ | トップページ | ミセス・ウィルソン »