« ペンタゴン・ペーパーズ | トップページ | 婚約者の友人 »

2019年6月 1日 (土)

第72回カンヌ映画祭

今年も開会式と閉会式の録画放送を見ました。

シャルロット・ゲンズブールとハビエル・バルデムが揃って開会式のレッドカーペットに現れた時には、「なぜこのペア?」と考えて、最新作で共演でもしてるのかと思いましたが(パートナーを乗り換えたとも思えなかったし )、2人で開会宣言するんだったんですね。
更に驚いたのはエル・ファニングで、こちらはオープニング作品にでも出ているものと勝手に想像していたら、まさか最年少審査員とは!

司会は昨年と同じエドゥアール・ベールで、2年連続なのは前回の評判が良かったからなのでしょうか?
紹介されたコンペティション部門の作品では、大好きな監督テレンス・マリックの「A Hidden Life」と、レダ・カテブ&ヴァンサン・カッセル共演の「Hors Normes」が気になりました。

先日亡くなったアニエス・ヴァルダがイメージポスターに使われると、少し前にニュースで聞いていましたが、見るとやはり哀しかったです。

閉会式ではまず、プレゼンターのヴィゴ・モーテンセンがペラペラとフランス語を話していることに感動・・・。マイケル・ムーアやスタローンの登場にも驚きました(但し話しているのは勿論英語)。

受賞作品の中では、もはや常連のダルデンヌ兄弟が監督賞を受賞した「アフメド少年」が、まさに現代ならではのストーリーで見てみたくなりました。

カンヌはネトフリなどのネット公開作品には門戸を開いていないようですが、これだけ全盛になってくると今後はどうなるのか、その動向にも注目です。


« ペンタゴン・ペーパーズ | トップページ | 婚約者の友人 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペンタゴン・ペーパーズ | トップページ | 婚約者の友人 »