« ビッグバン・セオリー シーズン10 | トップページ | キリング・イヴ »

2019年3月28日 (木)

スタートレック/ディーブ・スペース・ナイン シーズン2

スパドラで帯放送中のこちらのドラマですが、第2シーズンも順調に見終わりました(さすがに連日放送されると、視聴に時間がかかりますが・・・)。

第1シーズンでは当然ながらDS9内での出来事が多かったのですが、今シーズンは外の惑星、わけてもワームホール先の惑星探査が増えましたね。

DS9内部の出来事で気になったのは、ベイジョー星で次のカイと目されていたヴェデク・バライルとキラ少佐の恋愛! 勝気で勇敢なキラは、最近1番のお気に入りで、2人がくっついてほしいと思っていただけに、この展開はとても嬉しかったです。

オリジナルの「スタートレック」(シーズン2第4話)で出てきたもう一つの世界の延長線上に行ってしまうエピソードもありましたね。
カーク船長とスポックが全く別の人格になっていたように、シスコやオブライエンの立場が変わっていましたが、ダックスが出ていなかったのは、共生する人物が異なって他の惑星に行っちゃったとかなのかな?

クリンゴン人がもはや敵ではなく連邦艦隊と和解しているというのが、どうも私はまだ慣れないのですが、対立していたカーデシアとも協定が成立したようで、すると今度はワームホール先のドミニオンが新たな敵に・・・。
いつの世も、完全な平和を得るのは難しいのだなと実感しました。


Star Trek: Deep Space Nine」(1993~1994年アメリカ)

« ビッグバン・セオリー シーズン10 | トップページ | キリング・イヴ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビッグバン・セオリー シーズン10 | トップページ | キリング・イヴ »