« 2019年のはじまりに | トップページ | ワンダー 君は太陽 »

2019年1月13日 (日)

マクガイバー シーズン2

第2シーズンを見終えました。

楽しんで見たと言いたいところですが、宿敵マードックが何回目かに再登場した時には、「またこのネタか?」と呆れ気味でした。

マクガイバーの失踪した父についても、散々謎解きした挙句にあっさり現れて拍子抜けしました。でも、演じるのが「The OC」などのテイト・ドノヴァンだったんで、まあいっかと・・・。私って、ほんと単純!

もう一人ゲスト出演で驚いたのは、ライリーの父親役ウィリアム・ボールドウィン(クレジットではビリー・ボールドウィンとなっていた)。この人は、年取ったら更に兄のアレックに似てきましたね。

私はオリジナルの「冒険野郎マクガイバー」を見ていたのに、ジャック役が「リゾーリ&アイルズ」のブルース・マッギルだと覚えていなかったので、マクガイバーを殺人容疑で逮捕した刑事役で出た時も、特に感激はありませんでした。ファンにはたまらないエピソードだったんでしょうね。

今シーズン前半で参加していた女スパイのケイジは、人気がなかったからなのか途中で抜けてしまったけれど、来シーズンはボーザーの恋人リアーナがフェニックス財団に来るようなので楽しみです。


McGyver」(2017-2018年アメリカ)

« 2019年のはじまりに | トップページ | ワンダー 君は太陽 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクガイバー シーズン2:

« 2019年のはじまりに | トップページ | ワンダー 君は太陽 »