« ワンダー 君は太陽 | トップページ | 不都合な真実2:放置された地球 »

2019年1月19日 (土)

スタートレック シーズン3

オリジナル版の最終シーズンを見終えました。

カーク船長たちが窮地に陥るといつも、「この危機をどう乗り切るんだろう」と心配になるけれど、案外あっさり解決するんですよね。1時間のドラマなので仕方ないのですが。

ただ今シーズンは、ポジティブなエンディングを迎える通常と異なり、アンハッピーで暗いトーンの結末で終わったことが何回かありました。

良かったエピソードは、OK牧場の決闘が舞台だった回。1957年の同名西部劇の他、「トゥームストーン」や「ワイアット・アープ」など何度も映画化されていますが、カークたちが悪者クラントン兄弟になり、そちら側の視点で見ると別の解釈になるのが面白かったです。

最終話はやはりハラハラする回で、最後は万事元通りになるとわかっていても、目が離せませんでした。

ここ数か月ずっと帯放送で見続けてきたので、終わってしまうのがちょっと寂しくもありました。


Star Trek」(1968~1969年アメリカ)

« ワンダー 君は太陽 | トップページ | 不都合な真実2:放置された地球 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタートレック シーズン3:

« ワンダー 君は太陽 | トップページ | 不都合な真実2:放置された地球 »