« アメリカン・クライム・ストーリー | トップページ | スコーピオン シーズン4 »

2018年11月26日 (月)

ライオンは今夜死ぬ

先に見たジャン=ルイ・トランティニャンと同様、若い頃から今なお活躍するフランス俳優の一人、ジャン=ピエール・レオー。最近では「ル・アーブルの靴みがき」や「カミーユ、恋はふたたび」でも見かけましたが、今回主役でまじまじと見て、トリュフォーの申し子ドワネル君もすっかりおじいさんねーと感じました。

映画俳優のジャンが、撮影中断の合間に近くにある思い出の地を訪れ、そこで出会った子供たちの映画製作に協力するという話。
ジャンが幻覚で見る昔の恋人の姿は、彼にとっては現実でもあり、老いと死はこんな風にやって来るものなのかと考えてしまいました。

子供たちが可愛いけれど、皆きちんと自己主張しているのがフランスっぽいですよね。
自然体でリアルなドキュメンタリー風でもあったのですが、子供たちの役名が皆本名だったので、今回オーディションで選んだ映画初出演の子たちなのかなと思いました。

フランス映画かと思っていましたが日仏合作で、諏訪敦彦監督は「不完全なふたり」(見てないけど)など過去にもフランスが舞台の映画を撮っています。そのせいか、日本の雰囲気は全くない作品でした。


Le Lion est Mort Ce Soir」(2017年フランス・日本)

« アメリカン・クライム・ストーリー | トップページ | スコーピオン シーズン4 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライオンは今夜死ぬ:

« アメリカン・クライム・ストーリー | トップページ | スコーピオン シーズン4 »