« ブラックパンサー | トップページ | 15時17分、パリ行き »

2018年10月28日 (日)

シェイプ・オブ・ウォーター

昨年のアカデミー賞を席巻したギレルモ・デル・トロ監督の作品です。
勝手に近未来の話かと思っていましたが、東西冷戦時代が舞台でした。

口がきけず手話でコミュニケートするイライザだからこそ、同じ言葉を話さない生き物と意思の疎通を図れたのは、納得できました。
声を出せるとどうしてもその手段に頼りがちなので、そういう意味でイライザが有利だったのはわかりますが、それでも、未知のものに対する恐怖心がないのは不思議でした。

ヘルボーイ」の記事で、半魚人エイブがこちらのクリーチャーと似ているのではと書いたけれど、何のことはない、同じ俳優ダグ・ジョーンズが演じていたのでした。

マイケル・シャノンは相変わらず奇怪な雰囲気を醸し出していて、「恋はデジャ・ブ」の好青年が今は昔と改めて感じました。

ただのクリーチャー映画ではなく色んな要素を含んだ作品なのは間違いありませんが、それでもやはり、この作品がアカデミー賞作品賞に選ばれたのはすごく意外で、時代は変わったなと感じました。


The Shape of Water」(2017年アメリカ)

« ブラックパンサー | トップページ | 15時17分、パリ行き »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェイプ・オブ・ウォーター:

« ブラックパンサー | トップページ | 15時17分、パリ行き »