« ヘルボーイ | トップページ | ジーニアス:ピカソ »

2018年10月14日 (日)

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー

すぐに続編も見るはずが、溜まってきた海外ドラマの消化に追われて、ちょっと間が空いてしまいました。でも、すぐに見たら飽きてしまったかもしれないので、ちょうど良かったのかも。

前回も尻尾が可愛いと思ったヘルボーイですが、本作ではその尻尾が大活躍でしたね。あんな風に役立つんだと感心しました。

前作では何となく全編コミックの踏襲かなと思いましたが、今回は、トロール市場に出てくるクリーチャーたちを始め、敵側で登場する奇妙な生き物たちも、どこまでが原作コミックでも描かれ、どこからがデル・トロ監督の創作なのか、気になりました。
とにかく、想像を超えた世界でした。

私は、今回出てきたヨハン・クラウスが、やはり不思議な外見ながら気に入りました。中に入っている人は別人みたいですが、声は「テッド」のセス・マクファーレンのようです。

また、敵の王子は「ロード・オブ・ザ・リング」のエルフ族みたいだなーと思っていたら、何のことはないヌアダ王子もエルフで、最初の説明をちゃんと聞いていなかった私でした。


Hellboy II: The Golden Army」(2008年アメリカ)

« ヘルボーイ | トップページ | ジーニアス:ピカソ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー:

« ヘルボーイ | トップページ | ジーニアス:ピカソ »