« ローガン | トップページ | キングスマン:ゴールデン・サークル »

2018年9月27日 (木)

ジーニアス:アインシュタイン

以前放送されていた時に気になったものの、結局見ずにいたドラマですが、今回第2弾の「ピカソ」を見るのに合わせ、こちらも見てみることにしました。

アインシュタインの名前は当然知っていますが、物理も数学も大の苦手な私は「相対性理論って何?」って感じで、彼の人生についてもほとんど知りませんでした。

天才にはありがちですが、独創的すぎて周囲に理解してもらえず、それでも我が道を行けるから天才たる所以なのでしょうが、その彼に欠かせない存在だったのが、同じく科学者のミレヴァだったんですね。

伴侶としては後の妻エルザのほうがふさわしかったのでしょうが、ミレヴァがいなかったらアルベルトの偉業達成にもっと時間がかかったか、もしかして理論によっては成し遂げえなかったものあったかも?

ナチスが勢力を拡大するドイツから逃れて渡米しようとした彼を、フーバー長官が阻止しようとしたのは本当なのでしょうか。アルベルトを共産主義と信じて疑わないその固定観念はどこから来ているのか不思議でした。

老いたアインシュタインを演じるのはジェフリー・ラッシュですが、話の中心は若い頃で、ラッシュは最初と後半の半分くらいしか出ていませんでした。


Genius」(2017年アメリカ)

« ローガン | トップページ | キングスマン:ゴールデン・サークル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジーニアス:アインシュタイン:

« ローガン | トップページ | キングスマン:ゴールデン・サークル »