« ジャック・リーチャー Never Go Back | トップページ | ダイバージェントFINAL »

2018年5月 3日 (木)

ダイバージェントNEO

前作「ダイバージェント」を見てから時間が経ってしまったので、細かなところは忘れてしまった状態でしたが、見始めたらあっという間に様々なことを思い出しサクサク視聴できたので、案外このシリーズを楽しんでいるのかなと思いました。

私たち視聴者側は、主人公のトリスが特別なダイバージェント(異端者)だと最初から思っていますが、ジェニーンにとっては他に何人もいるダイバージェントの一人として考えていたことに、今更ながら驚きました。

そして、特別だとわかったトリスに開けさせようとする謎の箱ですが、最初はジェニーンが開けたがっていてトリスは抵抗していたのに、後になって逆にトリスが開けようとする意味がわかりませんでした。

結果的には開けてよかったのでしょうが、母親が隠し持っていたことを考え合わせても、ジェニーンに悪用されかねないと判断する方が自然な気がして、辻褄が合わないようにも思えました。

そしてラストは、これでもう終わりでもいいエンディングだったのに、なぜ第3弾も作られたのか不明でした。まあ、フェンスの外の世界がどうなっているかってことなんでしょうけれどね・・・。


Insurgent」(2015年アメリカ)

« ジャック・リーチャー Never Go Back | トップページ | ダイバージェントFINAL »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイバージェントNEO:

« ジャック・リーチャー Never Go Back | トップページ | ダイバージェントFINAL »