« パディントン | トップページ | マネーモンスター »

2018年5月19日 (土)

マイティ・ソー/バトルロイヤル

マーベル祭りを再開しました。

今回ソーは、アスガルドでも地球でもない別の惑星にロキと共に飛ばされてしまい、「ハンガーゲーム」か「グラディエーター」かって感じで強制的に戦わせられます。
そこで相手となるのがハルクですが、以前「アベンジャーズ」の記事で、ソーとキャプテン・アメリカとアイアンマンは互角でもハルクには負けると書いたのは、あながち間違っていなかったと思いました。

今年のカンヌ映画祭で審査員長も務めていたケイト・ブランシェットが悪役ですが、大勢を相手にしなやかに戦い、刺されても死なないし、とてもかっこよかったです。
ソーに協力するヴァルキリーも負けずに勇ましかったし、本作では女性の戦いぶりが光っていましたね。

私お気に入りのヘイムダルが姿を見せなくて、どこに行ってるの⁈と思っていたら、後半にはちゃんと出てきて活躍してくれました。
前述のハルクの他、ドクター・ストレンジもちらっと登場し、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に向けて、前準備は着々という感じでした。

冒頭でアスガルドに戻ったソーが目にするソーとロキの寸劇で、ロキ役を演じる役者がクレジットなし出演のマット・デイモンで笑えました。ちなみにソー役は、クリスの兄ルーク・ヘムズワースでした。


Thor:Ragnarok」(2017年アメリカ)

« パディントン | トップページ | マネーモンスター »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイティ・ソー/バトルロイヤル:

« パディントン | トップページ | マネーモンスター »