« ドリーム | トップページ | スウィート17モンスター »

2018年5月24日 (木)

カンヌ映画祭

またも映画視聴を休んでいますが、こちらの映画祭の閉会式は見ました。

先週見た開会式もそうですが、昨年初めてまともに見た時のような新鮮さはなかったものの、今回は今回で楽しめました。

去年の司会がモニカ・ベルッチだったので、いつも英仏語に堪能な人が司会者になるのかと思っていたら、今回はほぼ全部フランス語で通していました。

その司会者エドゥアール・ベールという人は、どこかで見たと思ったら、去年の仏祭で見た「パリは今夜も開演中」の主役の人だと気づきました。トークショーで同じようなひょうきんキャラだったことを思い出し、ホントあのまんまだなーと改めて思いました。

是枝監督のパルムドールも含め、主な賞の結果はニュースで知っていましたが、男優賞プレゼンターのロベルト・ベニーニは久々に見たけれど相変わらずで笑ったし、スパイク・リーが受賞スピーチで、アメリカの現状をピーター・ウィアーの「危険な年」になぞらえたのも印象的でした。

ジャン=リュック・ゴダールが特別賞をもらっていましたが、今年の映画祭のポスターも彼の作品「気狂いピエロ」のキスシーンで、開会式でもいくつかの場面が流れ、懐かしく思い出しました。

« ドリーム | トップページ | スウィート17モンスター »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ映画祭:

« ドリーム | トップページ | スウィート17モンスター »