« ピッチ 彼女のメジャーリーグ | トップページ | スパイダーマン:ホームカミング »

2018年5月12日 (土)

ドクター・ストレンジ

知り合いが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見たというので、私もマーベル・ユニバースに浸ることにしました。

ドクター・ストレンジのことは映画ができるまで全く耳にしたことがありませんでした。名前で気づくべきでしたが、医者だったんですね。
金も名声もある天才外科医がなぜ道を外れたのかと思ったら、事故で手が動かなくなったからとのこと。

ヒーローものには、自ら選んでなるパターン(アイアンマンやバットマンなど金持ちの正義漢が多い)と、不可抗力によるもの(クモに咬まれたスパイダーマンやガンマ線を浴びたハルクとか)がありますが、絶対この人は前者じゃないなと思っていました。

案の定、不自由な手を回復させて医者に戻るために魔術師となり、たまたま才能がありマントにも”選ばれ”たんで、世界を救う仲間に引き込まれちゃったってことなんですね。

よく知らないヒーローなのと、魔術師っていうのが何かイマイチな感じで、あまり興味はわかなかったし、映画自体もところどころ理解不能でしたが、何とか見終えることができました。

スティーヴンより敵のカエシリウスの方がかっこよくて、マッツ・ミケルセンも適役でした。


Doctor Strange」(2016年アメリカ)

« ピッチ 彼女のメジャーリーグ | トップページ | スパイダーマン:ホームカミング »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドクター・ストレンジ:

« ピッチ 彼女のメジャーリーグ | トップページ | スパイダーマン:ホームカミング »