« スパークリング・デイズ | トップページ | 猿の惑星:創世記 »

2018年4月13日 (金)

シカゴ・ファイア シーズン4

第4シーズンが終了しました。

シカゴP.D.」の記事でも書きましたが、シカゴ・シリーズ全体に対する興味が薄れてきている上、「ファイア」は元から「P.D.」より面白さを感じていなかったのですが、こちらもとりあえず見続けています。

シーズンが長くなると仕方のないことではあるのですが、これでもかってぐらいドラマチックな事件の連続に、もはや「グレイズ・アナトミー」化している気がして、硬派なドラマというよりソープオペラ的(失礼!)です。
思えば、セブライドが次々と女性に手を出すパターンも、「グレアナ」のマーク・スローン状態だし。

ケイシーが市会議員に立候補したのは目新しかったけれど、あっさり当選したばかりか、次は国政になんて話まで出てきて、ちょっと早すぎないかーと思ったりもしました。

そんな中、今シーズンから参加したハシゴ隊のち救急隊のジミーが、「エバーウッド」の頃には少年だったスティーヴン・R・マックイーン(当時名前が似ているのであれ?と思ったら、祖父はあのスティーブ・マックイーン!)で、すっかり大人になった彼を見ていると感慨深く、母親のような気持ちで応援しています。


Chicako Fire」(2015~2016年アメリカ)

« スパークリング・デイズ | トップページ | 猿の惑星:創世記 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ・ファイア シーズン4:

« スパークリング・デイズ | トップページ | 猿の惑星:創世記 »