« サスペクト・ゼロ | トップページ | 幸せのセラピー »

2018年4月23日 (月)

ビニー/信じる男

今日のエッカート映画は、実在のボクサーの話。でも主役はマイルズ・テラーです。
私はボクシングに全く関心がないので、この人のことは知りませんでした。

ソウル・サーファー」のベサニーの時にも思いましたが、アスリートが怪我をしてもすぐに復帰しようとする勇気というか気力は、どこから出てくるのでしょう。
ビニーの場合は、タイトルを獲得してこれからという時に事故に遭い、無念の想いが強かったというのもあるのかもしれません。

頭の周りに骨折した首を固定する器具(ハローというらしい)をつけた姿は痛々しかったけれど、その方法で治療したのが功を奏して、見事復活を遂げたんですものね。
器具が取れてもまだ首は完全に安定したわけじゃないでしょうし、トレーニングする様子はハラハラしました。復活するとわかっていても、苦悩する彼は見ていて辛かったです

そんなビニーを支えたのがケビンですが、最初は嫌々押し付けられて指導することになったみたいだったのに、何をビニーの中に見出したのか疑問でした。タイトル通り、ビニーの信念に圧倒されたということでしょうか。

エッカートは実在の人物に似せていたのか禿げ頭でしたが、やはり脇役の彼はかなりいい味で印象に残りました。


「Bleed for This」(2016年アメリカ)

« サスペクト・ゼロ | トップページ | 幸せのセラピー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビニー/信じる男:

« サスペクト・ゼロ | トップページ | 幸せのセラピー »