« パロアルト・ストーリー | トップページ | フライボーイズ »

2018年4月 6日 (金)

第1級殺人 シーズン2

第2シーズンを見終えました。

前回はシーズン通して1つの事件を追っていたのに対し、今回は高校生の銃乱射に、地元ギャング絡みの殺人、そして潜入警官の失踪と、複数の事件が出てきてストーリーについていきにくかったです。
でも、最後にすべて繋がるに違いない!と信じて必死に見ていたのですが・・・繋がりませんでした。

主役二人はもちろん、モルク&ナバロ、上司のコトーも前シーズンから続投している他、今回ヒルディの弟ジュニアが登場しました。
そのジュニアを演じるのが、「CSI:NY」で私が好きだったアダム役のA・J・バックリーだったのですが、分析系でヤワい感じのアダムと異なり、すっかりがたいがよくなってイカツイ雰囲気になり、イメージが全然違いました。

結局、銃乱射事件は早々に片付いて裁判の行方を見守るだけとなり、後は汚職警官と背後の組織を追う方が中心に。
だったら銃乱射はなくてもよかったかなーと。地元ギャングの件も、汚職を発見するきっかけとして見せるだけで十分な気もするし。

そして肝心の警察内の腐敗組織はというと、ネタバレしすぎない程度に明かすと、リーダー(頭目)は意外な人物というほどでもなく、かといって途中で匂わせていたような人物でもなく、その辺りが前シーズン同様リアルさを追求した結果なのかもしれませんが、若干肩透かしでした。


Murder in the First」(2015年アメリカ)

« パロアルト・ストーリー | トップページ | フライボーイズ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1級殺人 シーズン2:

« パロアルト・ストーリー | トップページ | フライボーイズ »